さんごヤマブシタケ「信州きのこ工房」 電話でのご注文・定期購入のお問い合わせは、0120-417-824まで
お買い物の仕方 お問い合わせ
TOP > 久保産業有限会社-会社概要

会社概要

会社名 久保産業有限会社
代  表 代表取締役社長 久保昌一 (クボ マサカズ)
所在地 【本社・工場】
〒387-0003 長野県千曲市大字生萱580番地
TEL:026-272-0588(代表) FAX:026-272-0771
【雨宮工場】
〒387-0001 長野県千曲市大字雨宮741-1
TEL:026-261-3687 FAX:026-261-3673
創  業 昭和32年
設  立 昭和41年3月24日
資本金 300万円
従業員数 30人
事業内容 1) キノコの生産と販売(ぶなしめじ、さんごヤマブシタケ)
2) キノコの乾燥品とサプリメントの製造及び販売
商品内容 【生食用】
・ぶなしめじ(トレー包装):100g、170g、200g
・ぶなしめじ(ほぐし):300g、500g
・さんごヤマブシタケ:M(60g)L(100g)LL(120g)
【乾燥】
・乾燥さんごヤマブシタケ:30g、50g
【粉末】
・乾燥さんごヤマブシを粉末:2.5g〜
取引銀行 八十二銀行屋代支店
決算期 毎年1回  7月31日
ホームページ http://www.yamabusitake.com
メールアドレス info@yamabusitake.com
沿  革
昭和30年
  久保忠一が更科農業高校を卒業後、家業の農業に従事する傍ら、えのき茸の栽培に着手。
昭和36年
  えのき茸の専用工場建設。栽培工場(建坪 45坪、高さ3m)を完成。これにより、えのきたけ栽培ビン本数が2千本から5万本に増え、えのき茸栽培の企業化に道を開く。
昭和39年
  久保忠一が地元農協(現JAちくま)えのきたけ部会設立と同時に初代部会長に就任
昭和41年3月
  長野経済連の要請に基いた久保式詰込み機の販売を契機に、日本で初めてのキノコの栽培会社、久保産業有限会社を設立し(資本金100万円、代表取締役 久保忠一)、きのこ業界の機械化の開発・推進に貢献すると同時に、地元生産者の育成と台湾などへの技術指導を開始する。
昭和46年
 

当社代表取締役久保忠一が、栽培ビンのポリ化に対応して同業同志と(株)千曲化成を設立し、代表取締役(兼務)に就任。ポリビンの製造と同年に設置された「きのこ栽培技術開発センター」の運営を行い、全国的なきのこ栽培技術指導と関連機器の販売を行う。
(久保忠一、昭和50年には(株)千曲化成を退く)

昭和51年
  長野県の東北信地方で、初めてぶなしめじの栽培に成功。施設を全面改築して、えのき茸からぶなしめじに移行。
昭和53年
  久保忠一が地元農協(現JAちくま)ぶなしめじ部会設立と同時に初代部会長に就任。
平成4年
  ぶなしめじ工場を増改築。近代的な栽培施設(建坪250坪、2階建て、高さ5m)を完成。
これにより、ぶなしめじ栽培ビン本数が25万本から45万本へ増加。
平成9年
  久保忠一の長男昌一が、(株)シューマート(本社長野市、靴のチェーンストアー、年商約67億円、従業員数約130名)の取締役副社長を退き、久保産業(有)の専務取締役に就任。
平成13年1月
  ヤマブシタケの試験栽培を開始。「さんご状」に発生したキノコに注目し、安定栽培の手法を研究。
平成13年3月
  「さんごヤマブシタケ」の商品名で販売を開始。またその時に確立した栽培方法について製法特許を申請。
平成15年10月
  さんごヤマブシタケ専用工場(一部ぶなしめじ栽培も可)である第二工場(雨宮工場:敷地面積600坪、鉄筋2階建て延床面積400坪)が総額約2億円を投じ完成。
これにより、さんごヤマブシタケの栽培ビン本数が3万本から17万本へ増加。
平成15年11月
  雨宮工場より、さんごヤマブシタケの出荷を開始。
平成16年8月
  乾燥さんごヤマブシタケの販売を開始。
平成24年11月
  久保忠一が代表取締役会長へ
久保昌一が代表取締役社長を就任
平成27年5月
  代表取締役会長久保忠一他界
久保産業ロゴ 久保産業 有限会社
〒387-0003 長野県千曲市生萱580  TEL:026(272)0588  FAX:026(272)0771  Mail:info@yamabusitake.com
Copyright (C) 2005 Sinshu kinoko koubou Co.,Ltd. all right reserved. 特定商取引に関する表記 プライバシーポリシー